顧客満足度調査: 個人データの取扱いに関する方針

WIPOが取り扱う個人データは、WIPOのサービスを利用した方やWIPOにサービスに関する問い合せをした方を対象として収集されたデータです。

満足度調査実施の過程で収集され、取り扱われるデータは、次の内容に関連するものです。

  • WIPOのサービスのユーザに関する既存の統計情報: WIPOが提供する既存の出願プラットフォームから抽出された国情報、分類情報 (代理人、出願人、名義人、代表者、国際登録番号)
  • 本人情報 (ユーザの名前とEメールアドレス)
  • 質問への回答内容
  • WIPOとの関わりにおける役割や期間の長さなどのその他のデータ

収集されたデータは、調査結果の分析を行う権限を与えられたWIPO内部 (カスタマーエクスペリエンス部) の職員によりアクセス可能です。また当該外部事業者は、カスタマーエクスペリエンス部と協力して、統計や集計の分析を行うために、調査結果を収集し、加工前のローデータを分析します。

WIPOは、調査の回答内容に基づき統計報告書を作成します。この報告書の中で調査結果は匿名化された集計データとして示されます。また、この報告書はWIPOの経営陣の利用に供されます。

本方針で示されたデータ受領者及び法的枠組みの範囲外で個人データの受け渡しが行われることはありません。また、本方針で示された利用目的以外の目的で個人データが使用されたり、データ受領者以外の者に当該データが開示されたりすることはありません。

WIPO及び当該外部事業者は提供された個人情報を保護するために適切なセキュリティ対策を講じており、個人情報は現在当該外部事業者のデータセンターに安全に保管されています。

個人データの提供者は、請求内容を明確に示した書面の請求を提出することにより、自らの個人データを必要に応じて閲覧し、訂正し、または削除する権利を有します。

調査の過程で収集されるデータは、前述のデータ取扱目的において必要な期間 (24か月以内) に限り保持されます。当該期間が過ぎた後は、安全性の高いデータ消去方法によりデータは完全に削除されます。